にんにくってネギのなかまっぽいよね?

にんにくの正式名称を教えてください。

 

にんにくって、にんにくって呼んでいますが、
学名とかどんな呼び方なんでしょうか?

 

 

俺が調べた にんにくの正体 

☆植物名: ニンニク (Garlic, Allium sativum L.)

 

☆学名 : Allium sativum L.

 

☆目名 : キジカクシ目 Asparagales

 

☆科名 : ヒガンバナ科 Amaryllidaceae  

 

 

 

☆旧科名: ユリ Liliaceae

 

☆属名 : ネギ属 Allium

 

☆種名 : ニンニク  sativum

 

☆分布 :にんにくの原産地は実ははっきりしていません。
      現在では2つの説があり、原産地は『中央アジア説』と、
      『西シベリア説』に分かれています。。
      日本へは、中国から伝えられたと考えられており、
      伝わった時代は奈良時代。

 

☆分布 :自生しているものは無く、栽培のみ
      北海道、本州北部に分布

 

☆植物タイプ:多年草

 

☆背の高さ:約60cm

 

名前の由来

にんにくは、ヒガンバナ科ネギ属の多年草。
ニンニクは英語でガーリック= Garlic。

 

その語源は、ニンニクの葉の形からとられたようです。
5世紀半ばから12世紀にイングランドで使われていた古英語である
アングロサクソン語で葉の形を槍(ger)と辛い味(leak)といい、
そこから Ger-Leak → Garlicとなりました。

 

ニンニクの学名は、スウェーデンの学者で、分類学の父とされる、
カール・フォン・リンネによってAllium sativum L.と、つけられました。
リンネの時代に Alliumをニンニクの学名として使用したのが始まりで、
steivumはラテン語で、『栽培』という意味になります。
ニンニクは早い時代から農作物として栽培されていたことをあらわしています。

 

にんにくのルーツ

ニンニクは結構暑さが苦手みたいです。
育成適温は18℃〜20℃とされていますが、
ニンニクの品種もさまざまで、寒い地方には『寒地系』と
暖かい地方では『暖地系』があります。

 

もともと、ニンニクの原産地自体が定かではありません。
2つの原産地説があります。
一つは中央アジアであるといわれています。
しかしそれを特定するようなものは見つかっていません。
また、西シベリアの説もありますが、こちらもはっきりとした
根拠がないのです。
というのも、ニンニクの原種に近い種を探そうとしても
なかなか野生のニンニク種というものが見つからないのです。
そして、ニンニクの歴史を見たときには
最古のニンニクの記録は、チグリスユーフラテスでの記録が
一番古く、紀元前3,750年です。
これから見ると、暖かい地方でも十分に育てられて
いたので、他の説では『西アジア〜地中海沿岸の原産』説もあるのです。

 

って一体どこなんだ!ってかんじです。
ニンニクってとってもアメージングな食べ物ですね!

 

 

 

 

にんにくって、にんにくって呼んでいますが、
学名とかどんな呼び方なんでしょうか?

 

 

俺が調べた にんにくの正体 

☆植物名: ニンニク (Garlic, Allium sativum L.)

 

☆学名 : Allium sativum L.

 

☆目名 : キジカクシ目 Asparagales

 

☆科名 : ヒガンバナ科 Amaryllidaceae  

 

 

 

☆旧科名: ユリ Liliaceae

 

☆属名 : ネギ属 Allium

 

☆種名 : ニンニク  sativum

 

☆分布 :にんにくの原産地は実ははっきりしていません。
      現在では2つの説があり、原産地は『中央アジア説』と、
      『西シベリア説』に分かれています。。
      日本へは、中国から伝えられたと考えられており、
      伝わった時代は奈良時代。

 

☆分布 :自生しているものは無く、栽培のみ
      北海道、本州北部に分布

 

☆植物タイプ:多年草

 

☆背の高さ:約60cm

 

名前の由来

にんにくは、ヒガンバナ科ネギ属の多年草。
ニンニクは英語でガーリック= Garlic。

 

その語源は、ニンニクの葉の形からとられたようです。
5世紀半ばから12世紀にイングランドで使われていた古英語である
アングロサクソン語で葉の形を槍(ger)と辛い味(leak)といい、
そこから Ger-Leak → Garlicとなりました。

 

ニンニクの学名は、スウェーデンの学者で、分類学の父とされる、
カール・フォン・リンネによってAllium sativum L.と、つけられました。
リンネの時代に Alliumをニンニクの学名として使用したのが始まりで、
steivumはラテン語で、『栽培』という意味になります。
ニンニクは早い時代から農作物として栽培されていたことをあらわしています。

 

にんにくのルーツ

ニンニクは結構暑さが苦手みたいです。
育成適温は18℃〜20℃とされていますが、
ニンニクの品種もさまざまで、寒い地方には『寒地系』と
暖かい地方では『暖地系』があります。

 

もともと、ニンニクの原産地自体が定かではありません。
2つの原産地説があります。
一つは中央アジアであるといわれています。
しかしそれを特定するようなものは見つかっていません。
また、西シベリアの説もありますが、こちらもはっきりとした
根拠がないのです。
というのも、ニンニクの原種に近い種を探そうとしても
なかなか野生のニンニク種というものが見つからないのです。
そして、ニンニクの歴史を見たときには
最古のニンニクの記録は、チグリスユーフラテスでの記録が
一番古く、紀元前3,750年です。
これから見ると、暖かい地方でも十分に育てられて
いたので、他の説では『西アジア〜地中海沿岸の原産』説もあるのです。

 

って一体どこなんだ!ってかんじです。
ニンニクってとってもアメージングな食べ物ですね!

関連ページ

手についたにんにくの臭いを消す方法!
にんにくを料理するとき、にんにくの臭いがてについて取れなくて、気になることがありますよね。そんなにんにくの臭いを一発で消す方法があるんです。
にんにく注射って本当に打っている人いるんですか?
ネット上で、にんにく注射ってあるんですけど、本当に打っている人いるんですか?にんにくのエキスを打ち込むんですか?
にんにく一族の歴史的活躍をここに表彰します。
にんにくさん、あなたの一族は歴史の中で人類に多大なる貢献をしてきました。時には人間に忌み嫌われることもあったかもしれませんが、本当に有難うございます。ここに表彰します^^