にんにくサプリメントの種類と効果

脳梗塞とはどんな病気?

 

<%にんにくサプリで脳梗塞を防げ!!%>

 

脳梗塞って、どんな病気?

 

脳梗塞は、急に発症します。。。

 

脳へ血液を送っている血管に、血小板(かさぶた)や、血の塊ができて、
その塊が動脈を通じて脳まで流れてきて、
脳の血管につまってしまうと、その先の大切な
脳の細胞たちに血液が送られなくなり、
脳の細胞が死んでしまうのです。
これにより、脳梗塞が発生するのです。

 

脳梗塞だけでなく、脳卒中と言われる脳の障害は、ある日突然訪れます。

 

ある日突然発症するのですが、
その原因は、日々積み重ねて作られています。

 

脳梗塞になりやすい方。。。

 

どんな方が脳梗塞になりやすいかを説明します。

 

@高血圧
A高脂血症
B糖尿病
C多血症
D心臓病

 

上記の@〜Dまでのいずれかの病気をお持ちの方は
脳梗塞にかかりやすいのです。

 

この@〜Dをみて、何かお気づきのことはありませんか?

 

そうです、これらの病気は、生活習慣病です。
ですから、脳梗塞自体も生活習慣病と分類されることもあるようです。

 

今からでも生活習慣を改善することで、脳梗塞になる心配を
大幅に軽減できるのではないかと 俺は考えてしまいました。

 

まずは、俺たち自信、@〜Dの病気にかかっていないのか
しっかりとチェックする必要があります。

 

そしてもし、生活習慣病にかかっていたら。。。どうしましょう!

 

もしも、ですが、そのようなことになったら
食事療法や、薬物療法、運動療法などを行って
正常な状態を保てるように、健康状態を
戻さなければなりません。

脳梗塞の原因No1は?

 

<%r脳梗塞の原因一番は高血圧%>

 

脳梗塞の原因No1は。。。

 

『高血圧』です。

 

脳梗塞は高血圧が原因で起こることが多いようです。

 

☆脳梗塞にも色々なタイプが合って、現在のところ
 高血圧が原因で発生する脳梗塞が一番多ことが
 わかっています。

 

なぜ、高血圧の人が脳梗塞になりやすいのでしょうか?

 

それは。。。
高血圧と言う生活習慣病は、自覚症状が殆ど無いからです。
危険な病気であるにも関わらず、自分では血圧の数値を測定
しない限り、殆ど気がつかないのです。

 

そのため、自分でも『まずい!すぐに病院へ行こう』とか、
『このままでは…早く治療しよう』とか
切羽詰った気持ちになりにくくって、早期に見つけることが
難しい場合があります。

 

まず定番ですが、
もし血圧の測定で、『高血圧』という結果が出たら

 

食事療法 → とにかく塩分を控える。薄味でなれる。 そして食べ過ぎない 八分目
          とにかく塩分を体外に排泄する。
          水を多く飲む。カリウム、カルシウムなどを含む食品を食べる。

 

運動療法 → とにかく身体を動かす。歩く、歩く、歩く。。。
          簡単運動でも何でもいいから動く、動く、動く!

 

薬品療法 → 食事療法、運動療法を続けても、なかなか良い結果が出ない場合
          血圧が下がってゆかない場合は、
          病院のお医者さんに相談して、血圧を下げるお薬を服用するようになります。

 

 

俺の場合はちょっとコレステロールが多いみたいなので
やっぱり運動が必要。
脂肪肝の場合、だいたい運動をすれば脂肪を
減らすことができるんですが、この運動がみんな
なかなかできないんですね。

 

この運動というのは、このサイトでも紹介している
なわとび、サーキット、ラジオ体操、柔軟体操という
あまりハードではない運動でも、結構な効果を得られます。

 

お茶とか、コーヒーではなく、水をたくさん飲む、

にんにくサプリを飲んで、にんにく効果を高めておく。
運動をして、血流を良くする。
尿で老廃物を体外に出してゆく!

 

俺は頭の中でこんなイメージを描いています。

脳梗塞は心臓原因のものもある。

脳梗塞にはいくつかの種類があるんですが、
心臓原因の脳梗塞もあるんです。

 

えっ?何で心臓が原因で脳梗塞になるの?
と思われる方もいらっしゃると思うので、
ちょっと説明しておきます。

 

例えば、心房細動と言う不整脈があるのですが、
この心房細動にかかってしまうと、
心臓の中で、血液の小さな塊ができやすくなるようなのです。
そして、厄介なのは、この血液の塊が、何かの拍子で
心臓から動脈を伝わって、脳へ運ばれる場合があります。

 

脳には細かい血管がたくさんあって、この血の塊が
脳の血管に詰まってしまい、その先に血液が送られ無くなると
脳細胞が死んでしまい、脳梗塞となります。

 

このように、心臓を原因として発生する脳梗塞もあるのです。

 

<%r心臓から脳梗塞になるって?%>

 

脳梗塞を食べ物で予防できるか?

 

脳梗塞は一度かかってしまうと。。。
再発する可能性が高いと言われています。
また、自分でも気がつかないうちに
脳梗塞になっている場合があるようです。
これは無症候性脳梗塞、と呼ばれています。

 

このような脳梗塞にはならないように、
日ごろから運動、食生活を見直していきたいところです。

 

脳梗塞にはやはり、血液サラサラが良い。。。
と言うのは事実です。

 

脳梗塞は朝に起こりやすい、とか夏、それから冬にも
起こりやすいといわれています。
この原因はいずれも、体内の水分が減少して
血液がドロドロ化しているときに発生しやすい
と言うことなのです。

 

水はもちろん飲んだほうがいいですが、
その他に血液をサラサラにする食べ物を
積極的に食べたほうがいいです。

 

血液サラサラ食品 紹介!!

 

1)納豆 →<%r高血圧に良い納豆%>
好き嫌いが分かれる食べ物だと思いますが、
ちょっと見直してみましょう。
納豆に含まれている納豆キナーゼは血管内でできた
血の塊を溶かしてくれる成分です。
また、納豆は夜食べると良いという説もあり
とにかくサラサラ効果が高い!!

 

2)青魚 →<%r高血圧に良い青魚%>
魚の脂には、EPAやDHAというものが含まれていて
この成分が血液をサラサラにする効果を持っています。
そのため、青い魚は脳梗塞を防ぐと言われているのです。

 

3)にんにく →<%r高血圧に良いにんにく%>
にんにくには、アリインという成分があるのですが
このアリインはにんにくを料理するときに
さまざまな硫黄化合物に変化します。
これらの硫黄化合物には、血液を固まりにくくする
効果があり、血管が詰まることを予防してゆきます。
要するに血液サラサラ〜。
そして、にんにくには、血管拡張作用という作用があり、
血管を拡張させる働きがあるため、血流を促進します。

 

4)たまねぎ→<%r高血圧に良い玉ねぎ%>
たまねぎには独特のにおいと辛さがありますよね。
この『におい』と『辛さ』の秘密は。。。
硫化アリルという成分にあります。
そしてこの硫化アリルには血液をサラサラにする力があります。
血液サラサラって何だ?
それは、硫化アリルには血液を固まりにくくする
働きがあるのです。

 

5)レモンや、梅干→<%r高血圧に良いすっぱいもの クエン酸%>
レモンや梅干はすっぱいですよねぇ。
このすっぱい食品にも血液サラサラ効果があります。
その理由は、クエン酸です。
血液がドロドロの状態は酸性になっています。
血液がサラサラの状態は弱アルカリ性です。
クエン酸は体内でアルカリ性となって作用するため
血液を弱アルカリ性=サラサラにしてゆきます。

 

 

このように食べものからでも脳梗塞を予防してゆきましょう。

 

特に1)〜5)までの食材を上手く活用して
毎日の食生活へ取り込んで、
さらに、にんにくサプリを飲んで、運動もして
脳梗塞からあなた自身を守ってあげましょう。

 

普通のにんにくは臭いも強くて
毎日食べられないかもしれないので
にんにくサプリを活用するのが効率が良いです。

 

 

俺も、生活上注意しているのは!
○塩分控えめ、
○水をたくさん飲んで、
○予防できそうな食品をできるだけ食べるようにして、
○運動しながら、
○にんにくサプリを飲むっていうことです。

 

にんにくサプリメントのランキングはコチラ

関連ページ

にんにくで風邪を弾き飛ばせ!
なぜ『万病のもと』といわれる風邪にニンニクが効くのか?
動脈硬化とにんにく
動脈硬化ってどんな病気でしょうか?知っているようで知らない動脈硬化を説明します。
肝機能障害 にんにくがサポート
肝臓って、『沈黙の臓器』って言われる程我慢強い臓器で、悪くなっても自覚症状が出にくいんです。にんにくサプリで肝臓をサポートしましょう。
冷えるときは、にんにく
にんにくを食べることによって、俺たちの体にどんな影響があるのかを説明してゆきます。にんにくサプリメントを飲んで継続することにどんなメリットがあるのかがわかってもらえると思います。
高血圧とにんにくの関係
高血圧にはにんにくが良さそうですね。
心筋梗塞とにんにくの関係
心筋梗塞はどのような病気でしょうか?にんにくとの関係は?
喘息、にんにくを食べて力をつけよう
喘息で体力が落ちているときこそ、にんにくを食べてみましょう!にんにくと喘息の関係は?