にんにく以外の効果的な成分を説明します。

クエン酸で疲れがすっきり!

 

クエン酸と聞くとどんな効能を思い浮かべますか?

 

クエン酸には疲労回復や、美容効果が見込まれて
とっても身体がすっきりしそうな成分なんです。

 

柑橘類、みかんや、レモン、グレープフルーツを食べて
すっぱいと感じることがありますよね?

 

実はその『すっぱさ』がクエン酸の正体です。

 

梅干のすっぱさも、クエン酸の仕業です。

 

黒酢にもこのクエン酸が含まれています。

 

このクエン酸は俺たちの体に、色々と良い効果を
もたらしてくれます。

 

でも男性ではこの、果物のすっぱさが苦手な方も
結構多いですよね。俺もその内の一人ですから。。。

 

そんなクエン酸をサプリメントで補給できてしまうなら
それは俺たち男にとっても便利でいいですよね。

 

黒酢とにんにくのサプリメントを試してみるといいです。

 

 

 

クエン酸で疲労回復!

 

クエン酸で、一番有名な効果は、
『疲労回復』ですね。

 

まずは、クエン酸の疲労回復効果について。
なぜ、疲労回復に効果があるといわれているのかを紹介します。

 

第一の理由 
○疲労物質の排出効果
クエン酸は、体内に溜まる疲労物質を体外に
排出してくれる作用があります。
ここでいう疲労物質とは、運動やストレスで蓄積される
『乳酸』の事をいいます。

 

第二の理由
○サラサラ効果
クエン酸には血流を良くしてくれる効果が見込めます。
血流が良くなると新陳代謝が促進されて疲労回復が
促進されます。

 

黒酢の場合、
クエン酸や、酢酸が含まれているので、
酢酸とクエン酸が、疲労の原因である血行不良を
改善してくれます。血行が良くなることで、
肩こりや、筋肉疲労も改善されてゆきます。

痛風にクエン酸?

 

痛風の原因は、尿酸です。

 

尿酸と言う物質は、誰の体にも、ある一定の量があります。
通常は血液中に循環して、最終的には尿などで排出されます。

 

しかし、血液の中の尿酸の濃度が上がって、尿酸が濃くなりすぐると
排出されずに、体内に蓄積されてしまいます。
体内に蓄積されて、溶けにくくなった尿酸は、ナトリウム塩をつくって
結晶となり固まります。(コレが針みたいに尖っていて痛い。)
いつもでも、尿酸の濃度が高い場合には
ナトリウム塩の結晶が関節や、関節内に入り込みます。
痛風の発作というのは、このナトリウム塩の結晶に対して
白血球が攻撃を加えるときに起こるものなのです。

 

関節の痛みは初期症状ですが、進行すると
腎機能障害や、動脈硬化などにもつながってしまい
痛風を起こす人は、痛風を起こさない人よりも
脳梗塞や、心筋梗塞になりやすいということが
分っています。

 

 

クエン酸は痛風に良いと言われています。

 

黒酢、柑橘類、梅干などに含まれる、すっぱ成分です!

 

実はクエン酸には『酸』の文字が使われていますが、
クエン酸は、アルカリ性の成分なのです。
酸性の成分とつながると、中和させるという性質を持っています。

 

実際に痛風や、高尿酸血症の方が使われる治療薬は
主成分に『クエン酸カリウム』もしくは『クエン酸ナトリウム』が
使用されています。
酸性になった尿を、弱酸性に中和するという薬です。

 

痛風の際には、尿酸が溶けにくい状態にあります。
酸性が強くなった尿を、クエン酸が中和して
弱アルカリ性にしてくれるため、
尿が体外へ排出され安くなります。

 

尿酸は、体外に排出されてしまえば
もちろん尿酸値も下がるわけです。

 

クエン酸をとるときは、食事でもとることができますが、
その摂取量が少ないので、
できるだけサプリメントを活用したり、
自分でクエン酸の飲み物を作ったりして飲んでみましょう。

 

俺の場合は、レモン水をつくって飲んでいます。

 

もしあなたが、疲労回復でお悩みなら、
レモン水や、柑橘類をジュースにして飲むとよいでしょう。

 

しかし、あなたが痛風でお悩みの場合は、すぐに病院へ行くか
サプリメントを試してみてください。

 

ちなみに、高尿酸血症でお悩みの方は、こんなサプリメントもありました。
白井田七(痛風用)

 

 

にんにくサプリメントのランキングはコチラ

 

 

 

関連ページ

しじみに多く含まれる、オルチニン
オルチニンは『しじみ』に含まれている成分です。
生姜に含まれる、ジンゲロール
ジンゲロールは生姜に含まれる成分です。
俺たちに必要な アミノ酸
私たちの体のタンパク質を作っているのは、20種類のアミノ酸の組み合わせから成っています。